スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

PERランクの第一人者。

以前、「企業分析はつまらないのか?」という記事を書いた際に、以下の様な表現をしました。


「本を読んでいてつくづく思うのが、ファンダメンタルズ投資本において、ビジネスモデル分析について書かれている本ってあまりないし、PERランクについて書かれている本はもっとないな、ということです。


しかし、ほとんどの場合は記載がありませんが、ごくわずかながら記載がある本も存在します。


今回はPERランクについて記載をしますが、ファンダメンタルズ投資本において、そもそもとして、なかなか高PERを許容する本はありません。


ピータ―・リンチの本でも許容はされているのですが、彼はPEGレシオを使用しているという点で私とは考え方が若干異なります。


考え方という意味で、最も近い文章を書いているのは間違いなく彼であり、時代を考えるとファンダメンタルズとの組み合わせで高PERを許容した第一人者と見ても良いと思っています。


その彼の名は、フィリップ・フィッシャー。バフェットに大きな影響を与えた人物として有名ですね。


彼の著書「フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために」ではPERについて次のように書かれています。


”Qという名前の会社があるとします。Q社は何年にもわたり本書の15ポイントを満たすだけの条件を備えている素晴らしい会社です。~(中略)~ 現在、この株のPERがダウ平均のちょうど2倍だとします。~(中略)~ Q社の経営者は5年後には利益が2倍になっているだろうという予想を発表しました。現在の株価に基づいて考えると、この予想は妥当なものだと思われるでしょう。


ここで驚くほど多くの投資家が誤った結論に飛びついてしまいます。つまり、Q社の株は他の株の2倍の高さにあり、利益が2倍になるのに5年かかるのだとすれば、同社の株価は将来の利益を既に織り込んでいるというのです。要するに、株の値段はすでに割高な水準に来ているのだという結論になるのです。


しかし、5年後の利益を織り込んでいるからといって、高すぎると言い切れるかどうかは誰にもわかりません。彼らの考え方の誤りは、Q社の株が今から5年後にはダウ平均と同じPERで売買されていることを前提としている点にあります。 ~(中略)~そうだとすれば、これまで新製品が利益を増やしてきたのと同じように、この会社の利益は今後10年にわたって膨らんでいくでしょう。そうなると、この株はいまから5年後も、これまでずっとそうだったように、平凡な株の2倍のPERで取引されるのでなければ理屈に合いません。”


この記述は細部こそ少々異なるものの、PERランクの考え方にかなり近いものがあり、以前書いた「ビジネスモデル分析にこだわる理由。」の3とも通じる部分があります。


私はフィッシャーのように15項目をあらいだすことはりませんし、そもそも技術開発を中心とした市況関連系は不得手な分野なのであまり投資をしませんが、それでもフィッシャーのビジネスに対するこだわり、バリュエーションに対する考え方は素晴らしいと思っています。


この本があまり高評価ではないのは間違いなく監修がひどすぎるせいだと思いますが、BM投資に興味を持たれた方にはとてもオススメな1冊です。


これからもビジネスモデル+PERランクの組み合わせて高リターンを上げていきます。


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

株式長期投資 ブログランキングへ
スポンサーサイト
2014-06-29(Sun)
 

ニッチマーケットと大手の参入。

よくマーケット分析をしている際に出てくるキーワードとして、「ニッチ」というものがあります。これは大手がなかなか参入してこないある種狭く深い分野を指しますが、競争が発生しづらい分野に参入している企業というのはそれだけで大きなアドバンテージを得ます。


では、そこに他の企業が一勢に参入してきた場合、どうなるのでしょうか?ここで気をつけなければならないのは、必ずしもその企業が衰退してしまう、ということにはならないということです


例えばアップルを考えます。アップルはiPhoneという従来の携帯電話の概念を覆す「スマートフォン」を作り出し、世に広めました。

その時点でまだスマートフォンは「ニッチ」な市場です。


しかし、その衝撃は瞬く間に世界を駆け巡り、大手の携帯電話会社は一勢にスマートフォン開発へと大きく舵を切ることになります。


それにより、世界が「スマートフォン」の存在を知り、その市場は一気にメガ市場へと躍進しました。


ではそれにより、アップルの業績は落ちたでしょうか。答えはNOです。


むしろ他の大手が参入したことにより「スマートフォン」の認知が広まり、抜群の使いやすさを誇るiPhoneはスマートフォンの代名詞となり、大手がある意味で広告してくれたことにより発生したスマートフォンニーズを食っていく結果となりました。


先行者利益に加え、アップルの技術力によって他の企業の参入は逆にプラスにさえ働いたのではないかと思います。


ちょっとこれは極端な例かもしれませんが、必ずしも競争が起こったからといってそれが企業の衰退に繋がるわけではありません。


先日の「かもしれないに惑わされない。」という記事とも繋がる部分ですが、要はニッチからそうでなくなった際に濠が出来上がっているかが大きなポイントです。


ニッチマーケットにいることは間違いなくプラス材料ですが、それに加えてビジネスモデルを分析することで万が一の場合にも対応していけるのではないかと思っています。


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

株式長期投資 ブログランキングへ
2014-06-27(Fri)
 

BM投資法の悩みどころ。

今回はBM投資法の悩みどころについて書いてみます。まずは結論から。



それは、「経営者の力をどこまで評価するのか?」ということです。

例えば、ユニクロを展開するファーストリテイリングを見てみます。この企業の強みは、SPAのビジネスモデルを確立したことにより柔軟なコストコントロールを可能にし、結果、低価格かつ高品質な商品を展開していることにあります。


そのクオリティが消費者の心に濠を作ったわけです。これは、強固なビジネスモデルだと言えます。


しかし、この企業の推進力にはそれ以外に大きな原動力があります。それが、柳井社長の存在です。


彼を抜きにしてヒートテックやフリースなどの商品は恐らく語れないでしょう。しかし、その商品開発についてはビジネスモデルではなく、商品開発力というまた異なる力の分析となります。そしてそのスポットが当たるのは「人」です。


BM投資法は、ビジネスモデルという「仕組み」に着目して優位性を判断し、リターンをあげようとする投資法です


ですからこうした場合、それをどう評価して良いものかかなり頭を悩ませるはめになります。


基本的に私は


ビジネスモデル>経営者力


で考えていますが、経営者が強いビジネスモデルを作ることも多く、それを考慮しないのはなかなか難しいものがあります。ただ、経営力はビジネスモデルに比べて水物である部分が大きいと思うので、あまりそれを過信するのも問題であると思います。


逆に、経営者の力をさほど感じなくてもビジネスモデルが強固なものであれば迷う必要はありません。はっきり言ってしまえば、仕組みさえできてしまえばこっちのものです


これはこの投資法につきまとう最大の難点ですが、まずはビジネスモデルを第一として、プラスアルファの要素として経営力を見ていくのが結果としてうまくいくことが多いのではないか、と思っています。


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

株式長期投資 ブログランキングへ
2014-06-22(Sun)
 

「普通に」良い決算。

昨日、このサイトでも何度か紹介している【3665】エニグモが1Q決算を発表しました。


http://www.enigmo.co.jp/wp-content/uploads/2014/06/IR_140613_3.pdf


結論から言えば、特に問題ない数字です。


会員数・アクティブ会員数も順調に増加中で、広告戦略が効いたのか、BUYMAの存在が着実に浸透していることが伺えます。


為替が落ち着いてきたことから商品単価が安定してきたということなので、バイヤーも値をつけやすく、買い手も買いやすい状況になっている、ということなのでしょう。


また、この会社の素晴らしいところは、品質保証、紛失補償、初期不良補償など、プラットフォームをより巨大なものにするためにポイントをついた政策を実行していることです。


これからもBUYMAの浸透と海外への進出を期待しています。


ここ数日は株価はそれを見込んだのかわかりませんが上がってしまっているので月曜以降上に行くかどうかはわかりません、PERもすでに高い位置にあることから下落する可能性もあるでしょう。


しかし、いずれにしてもエニグモのビジネスモデルはうまく機能し続けていることが確認できました。


これからもこのプラットフォームがより巨大なものとなり、ZOZOTOWNと並ぶ位置に来ることを期待しています。


eig

 

yahooファイナンスより

 


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

株式長期投資 ブログランキングへ
2014-06-14(Sat)
 

「かもしれない」に惑わされない。

これまで書いてきたように、BM投資法の肝は「いかに侵入されづらく、成長性のあるビジネスを見つけられるか」という点にあります。


そのビジネスモデルの分析についてですが、自分が良いと思えるビジネスモデルに出会っても、以下の様な不安が出てくる場合があります。


・今はニッチ市場にいるが、大手が参入してくるかもしれない(競争が激化するかもしれない)

・利益率が落ちてくるかもしれない

・今までのような成長が続けられないかもしれない

 

どれも気持ちとしてはもっともでしょう。しかし、このような気持ちを持った時、投資を控えるが正解なのでしょうか。私ははっきりとNOと申し上げておきます。


優秀な企業に、競争相手が増えたとしても、恐れることはありません。それが本当に優れたビジネスモデルなら、その競争の中でも勝ち抜きます。仮に恐れるとしたら、負けの兆候が見えてからでも十分です。


特に上記の中でも大手が参入してくるかもしれないから、などというのはもっともらしい理屈の最たるものであると言えます。


もちろん、いくらニッチ市場にいても大企業が押し寄せてくる可能性は常にあります。ビジネスの世界は基本的に食うか食われるかですので、そんなことは当たり前です。


それなのに、その懸念事項が現実化する前から恐れていては、とれるリターンもとれなくなります。例えば【3085】アークランドサービス。この企業はカツ丼の「かつや」を運営している企業です。


もちろん小売なので参入障壁は低く、大手がかつ丼に参入してくるリスクは常に有ります。何なら、カツ丼より安い豚丼・牛丼とも競合します。


結果、この企業の株価はどうなったでしょうか?

10.gif


 

yahooファイナンスより、期間10年

 

そんな不安を吹き飛ばす利益の伸びを見せ、同時に恐ろしいほどのリターンをたたき出しています。このビジネスの良さをわかっていたのに、そんな不安を持って買えなかった人はこのリターンを逃してしまったわけです


そもそも、リスクは避けるものでなく、認識・管理するものです。リスクを分析するのは大事ですが、それを恐れるあまりリターンを逃したら本末転倒です。


繰り返しになりますが、優良なビジネスモデルを持った企業なら、多少の競争が起こっても勝ち上がります。過度に競争を恐れず、「かもしれない」を排除して投資をしていくことが結果として好パフォーマンスを残す結果に繋がると考えています。

 


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

株式長期投資 ブログランキングへ
2014-06-11(Wed)
 

動かなくても良い相場。

最近の相場は新興市場を中心に堅調に推移しており、その恩恵を受けている方も多いのではないかと思います。


いつまで続くかなんてもちろんわかりませんが、基本的に今回の相場のようなときはこちらが何もしなくても資産は着実に増加してくれます。


特に今回は全体的な踏み上げ相場の側面があるため、一時的に上がらなくても時間が立てばお金が回ってきて上がっているようです。


やらないことを決める。」というページを設けていますが、これに記載している通り、私は「やらないこと」を決めるのは非常に大切なことだと思います。


特に中長期スタイルの投資で大切なことは、「数少ない選択肢の中から出てきた当たりの邪魔をしないこと」だというのが私の考えです。


そもそも一発を狙っている投資法なのですから、自分の持ち株の中から一発を狙えるものが出てきた場合に逃さないようにする、というのが最優先になってきます。


それを「あ、あれも上がっている」「あっちの方が値動きがいいな」などと言って売買を繰り返してしまえば、手数料がかさむばかりか実際に動きが出した時に「もう少し下がるだろうからその時に買おう」なんて考えていたらあれよあれよという間に、ということにもなってしまいかねません。


うまく行っているときは黙って見守り、ファンダメンタルズを確認しながら買い時、売り時を見極めること、これは上げ相場に限ったことではありません。


結果として、どんな相場であっても特別なことをせずにこの作業を繰り返すことが結果的に売買コストを減らし、加えてリターンも高める方法であると思っています。


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

株式長期投資 ブログランキングへ
2014-06-08(Sun)
 

企業分析はつまらないのか?

今回は投資法についてのお話です。


本屋に行くと、投資に関する本がたくさん並んでいます。その投資法は、大きく分けて4つに別れると思います。


1、ファンダメンタルズ型

2、テクニカル型

3、イベントドリブン型

4、上記3要件のハイブリッド型

 


BM投資法は間違いなく1に属するわけですが、本を読んでいてつくづく思うのが、ファンダメンタルズ投資本において、ビジネスモデル分析について書かれている本ってあまりないし、PERランクについて書かれている本はもっとないな、ということです。


ビジネスモデルについてはバフェットやリンチの本では多少触れられていますが、大体の場合「割安成長株を探そう」と書いていることが多いですし、PERについても「○○倍以下なら割安」とか触れられていてもPEGレシオなどで、「妥当なPER」について書かれているものもほとんどないと思います。


まずそもそも論として、ビジネスモデル分析なんてめんどくさい、または労多くて益少なしと考えている方が多いのかもしれません


それだったら単純に利益が伸びている企業を買えばいいじゃないか、という意見もあるでしょう。


それについての意見は「ビジネスモデル分析にこだわる理由。」に記載していますが、これまたそもそもとして、私はビジネスモデルの分析はそれが当たるか外れるかはともかくとして、非常に楽しいものであると思うのです


お金がかかっていることもあって本業の仕事とはまた違った真剣さがありますし、自分で好きな企業を選ぶこともできます。


それでリターンが得られるならそれはとても素敵なことであると思うのですが、まだまだ注目度が低いような気がするのが少々残念です。


きっとこれから強烈な下げ相場が来たりすればまたファンダメンタルズ投資なんて忘れられて「損切りだ!」とか「トレンドラインが大事だ!」などの意見が主流になるのでしょうが、このサイトではビジネスモデル分析の楽しさとその威力を伝えられるよう、記事を書いていければと思っています。

 


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

株式長期投資 ブログランキングへ
2014-06-03(Tue)
 

P/L≧C/F>B/S。

今回は、「企業の負債についてどのくらい考慮するのか」という質問をいただきましので、それについて答えさせていただこうと思います。


いきなりタイトルに記号が出てきましたが、いわゆる財務3表の位置づけについて書くことでこの問題を整理してみます。


まずは結論ですが、これはタイトル通りです。優先順位として、


1、損益計算書

2、キャッシュフロー計算書

3、貸借対照表

になります。


まずは成長株で利益を上げるためにはとにもかくにも利益が成長していなければどうしようもありません。したがって、損益計算書が最重要になります。


続いてキャッシュフロー計算書。私は特にキャッシュフロー計算書の中でも営業キャッシュフローを見ています。理由については「数字から見たビジネスモデル」にも記載していますが、まずは稼ぐ力がないとお金はまわりません。ただし、フリーキャッシュフローについては成長企業中の企業であればマイナスのケースもままあるため、あまり気にしていません。


それよりもまずは利益とキャッシュフローの方向性が一致するか(棚卸し等で振り回されていないか)の方が重要であると思っています。


ただ、結果としてみれば、私が「このビジネスいいな」と思う企業はフリーキャッシュフローがコンスタントに+になる企業が多いです。


最後は貸借対照表。これは「良ければなお良い」レベルで見ています。2で見たように、資金繰りさえ目処がついていればまずは倒産の可能性はないですし、2で利益と資金繰りの方向性が一致していれば利益に目を向けれいれば自然と資金繰りもよくなるとかんがえられるため、あまり貸借対照表を気にしなくても問題ありません。だからこそ、よりキャッシュフロー計算書には目を向けています。


ただし、財務内容が悪いということは金利が跳ね上がった際や増資のリスクがあるため、もちろん財務内容が良いに越したことはありません。


ここからはそもそも論になりますが、資産バリュー投資などと異なり、成長株投資は企業の未来への投資となります。ですのでビジネスモデルが優秀で未来のP/Lが明るければ自然と財務内容も良くなっていくのではないか、というのが私自身の考えであり、負債規模はあまり気にしていない、というが正直なところです。


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

株式長期投資 ブログランキングへ
2014-06-03(Tue)
 

相場下落と横ばいのチャート。

以前、「BM投資の具体例」という記事にも書きましたが、私は相場下落時の株価の横ばい(できれば下落後の横ばい)は一つの買いのサインであると考えています。


相場が下落している時は基本的に売りたい人が多い(本当は因果関係が逆ですが)ということで、そんな中で横ばいということはそれに合わせて買う人がいるということであり、ある程度のその銘柄に対する不安は織り込んだと考えられるのではないか、というのが私の仮説です。


だったら相場下落時に上昇している銘柄を買えばいいのでは、という意見もありそうですが、逆にそのような銘柄は短期の筋が入っている可能性が横ばいの場合よりも高く、反動減の恐れもあるためあまり高評価はしません。


特にBM投資法は高PERにも挑んでいく投資法ですので、リスク管理をしっかりしなくてはいけませんチャートでリスクが抑えられるとは思いませんが、少なくとも需給の面からは(理論的には)多少なりとも抑えられるのではないかと思っています。

当ブログにおける高PER成長株投資への成功第一号(になってほしい)と考えている【3665】エニグモを見てみます。

eni.gif

 

赤丸部分が、私が下落後の横ばい期間だと考えた部分です。この期間は本決算前で、「本当にこの企業は高成長を続けていけるのか」と投資家サイドが疑心暗鬼になっていた期間だと考えています


それが本決算で多少弱めではありましたが修正され、上昇したというのが結果ではないでしょうか。


特に高成長企業の場合、投資家がその成長性に疑問を呈する期間は必ずやってきます。


ビジネスモデルを調べあげ、その期間に投資することがこの投資法でリターンを上げる手っ取り早い方法の一つであると考えています。


ただ何度も書いているように、この企業は高PERであり、リスクが高いことに変わりはなく、現に上昇後はずるずると落ちてきています。


もちろん必ず成功する、というわけではないのですが、投資タイミングを大きく誤らない有効な方法の一つであると思っていますし、他の成長株を見ても同じようなケースをたどっている銘柄も多いですので、今後も力を発揮してくれる考え方だと思っています。


 
ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

株式長期投資 ブログランキングへ
2014-06-01(Sun)
 
BM投資のススメ
BM投資法の普及を目指すサラリーマンです。

Wind

Author:Wind

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。