スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

市況関連企業のビジネスモデル。

良いビジネスとは様々ありますが、私はBM投資法においては基本的には市況にあまり影響を受けないビジネスモデルに着目して投資を行っています。


それはなぜかと言えば、市況に影響をあまり受けない企業の方が安定的に利益を伸ばしていけるので、ホールド力が強くなると感じるからです。


先日記事で紹介したエニグモなどがその好例でしょう。


しかし、では市況関連の企業にまったく投資をしないのか、と言われるとそうでもありません。そのような中にある企業であっても良いビジネスモデルであると思えば投資を行います


例えば【2498】ACKグループ。


この企業は建設コンサルタント業を行っている会社で、建設という市況の影響を思いっきり受ける業種に属しています。しかしそれを承知で私がこの企業に投資を行っているのは以下の理由からです。

 

1、建設のワンストップサービスを展開しており、囲い込みの力を有していると考えられること


2、公共から民間、世界へ目を向けており、官に頼らない形での成長意欲を有していること


3、実際海外の受注額が増加しており、取り組みの結果が出つつあること


4、中期計画を見ると営業利益率は上昇を見込んでおり、ビジネスモデルが強化されつつある段階であること

 

もちろん、繰り返しになりますが市況関連ですので、その点はある程度リスクを考えなくてはならないと思います


しかし、逆に市況関連の中で強いビジネスモデルを持った企業はその他の企業とごちゃまぜにされて割安で放置されているケースがまま見受けられると感じており、そこに投資チャンスは潜んでいます


もちろんACKグループがその種の企業であるかどうかはこれから明らかになっていくわけですが、あまり市況・非市況だけで区別せず、ビジネス本体の力に目を向けていくことが結果として大きなリターンをもたらしてくれると考えています


これからも色々な企業をご紹介しながらリターンを上げていく過程、そしてビジネスモデル分析の面白さが伝わるような記事を書いていこうと思います。



ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

株式長期投資 ブログランキングへ
2014-05-11(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


BM投資のススメ
BM投資法の普及を目指すサラリーマンです。

Wind

Author:Wind

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。