スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

株価が見れない、という強み。

ここのところは今日こそ日経平均は持ち直したものの日本株が一人負け状態で、アベノミクスの息切れなのか何なのかはわかりませんが、軟調な動きが続いています。


日経平均もそうですが合わせて新興市場も大きな調整が入る銘柄が散見され、個人投資家には苦しい相場になっているなと感じます。


しかしそんな中、私も含めサラリーマンは基本的に場中を眺めることはできません(スマホ片手にトイレに立てば話は別ですが…)。これは、中長期スタイルをとる人にとっては大きな強みだと思います


何せ、場中を見れないということは動きようがないわけですから、「うわっ!下がってる!売ってしまおう」と狼狽売りしてしまうこともありません。


もちろん、タイミングが良ければいい買い時、売り時を見つけられるのかもしれませんが、費用対効果が合いません。


今のトイレに立つ例で言えば、トイレにいる時間、そこで切ったことにより失われた集中力など不確定な効果に対して確実なコストが大きすぎます。


だったら、「今日も早く仕事を終わらせて株価をチェックするぞ!」とモチベーションに変えたほうが仕事もはかどるし一石二鳥でしょう


当たり前ですが、中長期スタイルの肝は「いかにホールドしていけるか」ということです。


仕事をしていれば強制的にホールドさせられる部分もある上に、それによりサラリーももらえる。中長期投資とは、つくづくサラリーマンと相性の良い投資法だと思います。

良いビジネスを行っている会社の株価は、いずれ上がります。せっかくそんな会社を見つけられたのならば、花咲くまでじっくりゆっくり待ちたいものです。


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

株式長期投資 ブログランキングへ
2014-05-21(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


BM投資のススメ
BM投資法の普及を目指すサラリーマンです。

Wind

Author:Wind

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。