スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

良いビジネスモデルとは。

さっそく、BM投資の対象となるビジネスモデルとはどんなものかについて考えていきます。ビジネスモデルについて考える、とは簡単に言ってしまえば


どうやってお金を稼いでいるか


ということについて考えることであり、その方法が強固なものであればあるほど良いビジネスモデル、ということになります。強固なビジネスモデルとは言い換えれば


濠が構築されており、外部から侵入がしづらいモデル



ということになります。



よく投資の世界で「濠」とは参入障壁を表すことが多いですが、この「濠」はそれにとどまりません。


仮に参入障壁が低くても、十分に濠は構築できます。


例えば今や世界的企業となったユニクロ(ファーストリテイリング)。服の小売業なんて参入障壁が決して高いとは言えません。しかしこの会社がなぜここまで成長できたかと考えれば、それは値段とクオリティのギャップが消費者の心を掴んだからです。


これも立派な濠の一つです。


参入障壁が高いビジネス以外の濠については、「他の製品又はサービスに移ることをためらわせるファクターがいかに強力か」と言い換えることができます。


自分が投資しようと考えているサービスを受けている場合に、変えようと思う場合はどんな場合か…それを考えた時にあまり積極的なものが出てこなかった場合、それはBM投資の対象となるビジネスモデルかもしれません。



さて、次回はPERランクについて考えます。このPERランクこそが投資のタイミングをはかる大事な指標になっていきます。



ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。親サイトもよろしくお願いします。


株式長期投資 ブログランキングへ
2014-04-21(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


BM投資のススメ
BM投資法の普及を目指すサラリーマンです。

Wind

Author:Wind

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。