スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

相場下落と横ばいのチャート。

以前、「BM投資の具体例」という記事にも書きましたが、私は相場下落時の株価の横ばい(できれば下落後の横ばい)は一つの買いのサインであると考えています。


相場が下落している時は基本的に売りたい人が多い(本当は因果関係が逆ですが)ということで、そんな中で横ばいということはそれに合わせて買う人がいるということであり、ある程度のその銘柄に対する不安は織り込んだと考えられるのではないか、というのが私の仮説です。


だったら相場下落時に上昇している銘柄を買えばいいのでは、という意見もありそうですが、逆にそのような銘柄は短期の筋が入っている可能性が横ばいの場合よりも高く、反動減の恐れもあるためあまり高評価はしません。


特にBM投資法は高PERにも挑んでいく投資法ですので、リスク管理をしっかりしなくてはいけませんチャートでリスクが抑えられるとは思いませんが、少なくとも需給の面からは(理論的には)多少なりとも抑えられるのではないかと思っています。

当ブログにおける高PER成長株投資への成功第一号(になってほしい)と考えている【3665】エニグモを見てみます。

eni.gif

 

赤丸部分が、私が下落後の横ばい期間だと考えた部分です。この期間は本決算前で、「本当にこの企業は高成長を続けていけるのか」と投資家サイドが疑心暗鬼になっていた期間だと考えています


それが本決算で多少弱めではありましたが修正され、上昇したというのが結果ではないでしょうか。


特に高成長企業の場合、投資家がその成長性に疑問を呈する期間は必ずやってきます。


ビジネスモデルを調べあげ、その期間に投資することがこの投資法でリターンを上げる手っ取り早い方法の一つであると考えています。


ただ何度も書いているように、この企業は高PERであり、リスクが高いことに変わりはなく、現に上昇後はずるずると落ちてきています。


もちろん必ず成功する、というわけではないのですが、投資タイミングを大きく誤らない有効な方法の一つであると思っていますし、他の成長株を見ても同じようなケースをたどっている銘柄も多いですので、今後も力を発揮してくれる考え方だと思っています。


 
ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

株式長期投資 ブログランキングへ
2014-06-01(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


BM投資のススメ
BM投資法の普及を目指すサラリーマンです。

Wind

Author:Wind

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。