スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

企業分析はつまらないのか?

今回は投資法についてのお話です。


本屋に行くと、投資に関する本がたくさん並んでいます。その投資法は、大きく分けて4つに別れると思います。


1、ファンダメンタルズ型

2、テクニカル型

3、イベントドリブン型

4、上記3要件のハイブリッド型

 


BM投資法は間違いなく1に属するわけですが、本を読んでいてつくづく思うのが、ファンダメンタルズ投資本において、ビジネスモデル分析について書かれている本ってあまりないし、PERランクについて書かれている本はもっとないな、ということです。


ビジネスモデルについてはバフェットやリンチの本では多少触れられていますが、大体の場合「割安成長株を探そう」と書いていることが多いですし、PERについても「○○倍以下なら割安」とか触れられていてもPEGレシオなどで、「妥当なPER」について書かれているものもほとんどないと思います。


まずそもそも論として、ビジネスモデル分析なんてめんどくさい、または労多くて益少なしと考えている方が多いのかもしれません


それだったら単純に利益が伸びている企業を買えばいいじゃないか、という意見もあるでしょう。


それについての意見は「ビジネスモデル分析にこだわる理由。」に記載していますが、これまたそもそもとして、私はビジネスモデルの分析はそれが当たるか外れるかはともかくとして、非常に楽しいものであると思うのです


お金がかかっていることもあって本業の仕事とはまた違った真剣さがありますし、自分で好きな企業を選ぶこともできます。


それでリターンが得られるならそれはとても素敵なことであると思うのですが、まだまだ注目度が低いような気がするのが少々残念です。


きっとこれから強烈な下げ相場が来たりすればまたファンダメンタルズ投資なんて忘れられて「損切りだ!」とか「トレンドラインが大事だ!」などの意見が主流になるのでしょうが、このサイトではビジネスモデル分析の楽しさとその威力を伝えられるよう、記事を書いていければと思っています。

 


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

株式長期投資 ブログランキングへ
2014-06-03(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


BM投資のススメ
BM投資法の普及を目指すサラリーマンです。

Wind

Author:Wind

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。