スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

PERをどこまで考慮するか?

リンクをさせていただいている「ゆうゆー投資法」のゆうゆーさんが興味深いエントリを書かれていたのでそれについて改めて意見を書いてみようと思います。


PERを軽視しすぎていないか?


私のスタンスは、


・PERが低いならそれに越したことない

・PERが高くても投資対象になる企業はわずかながら存在する


になります。


基本的に私は、「高成長であり、ビジネスモデルがしっかりしていれば買い」というスタンスです。私の保有銘柄では、【3665】エニグモや【6058】ベクトルがこれに該当します。


PERが低ければリスクは下がるわけですからそれにこしたことはないのですが、そこばかり見てPERが高くても本当に良い企業を逃してしまうのはもったいないと思っています。


もちろん、PERが高い企業ほど慎重に選ぶべきです。それは間違いありません。はっきり言って、高PER企業の中で安心して買うことのできる企業は本当に一握りだと思います。


ですが、その中から真の成長株を見つけ出すのは、スナイパーのような気分でなんとも面白い作業です。


これをリスクをとりすぎているととるか、やりがいがあるととるか。


私は後者と考えているようです。これはどちらが良い悪いという問題ではありません。単にリスク選好と好みの問題です。


私の保有銘柄が本当に「真の成長株」であるかどうかはまだわかりません。これからも失敗するでしょう。しかし、この作業の面白さとそれに伴うパフォーマンスをこのサイトを通して示していければと思っています。

最後に、この記事はゆうゆーさんの意見との優劣を付けたいわけではないといういうことを付け加えておきます。

enig

bekutori

yahooファイナンスより


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

株式長期投資 ブログランキングへ
2014-07-14(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント

 

成長率20%でPER20倍の会社と
成長率10%でPER10倍の会社なら、前者を買う方が良い。
これは何だか秘法のように聞こえるかもしれないが、
成長企業の利益が株価を押し上げる要因であることを理解する必要がある。 【ピーター・リンチ】
2014-08-06 19:05 | ピーター・リンチ | URL   [ 編集 ]

コメントありがとうございます。 

>ピーター・リンチさん

まさに仰るとおりですね。金銀お成長率が高い企業をそこそこのPERで仕込むことが肝心だと考えています。
2014-08-25 21:54 | 管理人 | URL   [ 編集 ]

BM投資のススメ
BM投資法の普及を目指すサラリーマンです。

Wind

Author:Wind

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。