スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

大切なのはこれから先その2。

大切なのはこれから先。」という記事で、BM投資法で大切なのは過去ではなく未来だ、というお話をしました。そして過去に囚われてしまう例として利益の成長をあげましたが、これはPERやチャートにも当てはまります。

もし、自分のお眼鏡にかなう投資企業が見つかったとしましょう。しかもバリュエーションはPERランクを大きく下回ります。

しかし、以下の2点が引っかかります。

・チャートで見ると過去の水準から見て高い

・過去のPER水準から見て高い

この場合、購入を見送るべきなのでしょうか?私はそうは思いません。これも、過去にとらわれすぎている典型例だと思います。

そもそも、過去の状態と今の状態は異なります

例えば、過去は5%成長だった企業が一気に成長期に入り年20%の成長が今後数年にわたり見込める状況になったとしましょう。

この時、市場はその企業のPERを以前と同じような水準で見てくれるでしょうか?高確率で水準訂正が行われることと思います。

それを見て、「割高になった」と判断するのは良い判断とは言えないと思います。成長スピードが違うのでPERの位置が変わるのも当然のことでしょう

チャートも同じ理屈で考えることができます。

繰り返しになりますが、過去の成長理由を把握することは大切なことです。しかし、投資において必要なのは「これからこの企業はどうなっていくのか」ということです。

バフェットの右腕であるチャーリー・マンガーは「良い株は買い上がってでも買おう」という考えの持ち主ですが、私も同意見です。

過去の行動にこだわることなく、今と未来を見つめることでリターンは高まっていくのだと考えています。


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

株式長期投資 ブログランキングへ
2014-07-27(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


BM投資のススメ
BM投資法の普及を目指すサラリーマンです。

Wind

Author:Wind

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。