スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

損切り論に惑わされない。

サイトにも書いていることですが、BM投資法では「成長に応じたPERランク。」に書いた通り、


1、株価が上昇してPERランクを大きく超過

2、ビジネスモデルが崩れてPERランクが下がり、株価がPERランクを超過


を売却の基準としており、機械的なロスカットは基本的に行いません。


私はBM投資法のような中長期投資においては機械的なロスカットをしないのは必要であると考えているのですが、それは以下の理由によります。


1、ファンダメンタルズをベースに投資をしているのにテクニカルで売却基準を決めるのは非合理的である。

2、損切りを逐一実行していたら売買コストがかさむ上に、出来高が少ない銘柄の場合売るときはマイナスのマーケットインパクト、買うときはプラスのマーケットインパクトを与えてしまい、リターンが大きく減ってしまう。

3、損切りが大切、というのは結果論でしか無い。



特に3については要注意です。下げ相場になるとよく「損切りは大事」という言葉を見ることがありますが、完全にそれは後付の理論であり、結果でしかありません。


にも関わらず、損切りを推奨する人が絶えないのは強烈な下げチャートを見るといかにも損切りが大切なように思えるからでしょう。


そんな方には、逆に長期の上昇チャートを見るといいかもしれません。そうすれば少なくとも中長期スタイルにおいては損切りをしなくても十分戦える(むしろしない方が戦える)ことがわかっていただけるでしょう。もちろん、これも結果論なのですが。


z.gif




yahooファイナンスより、MonotaRO


短期投資においては足の早さがリターンを決める側面があるため機動的なロスカットは必要になってきますが、逆に中長期投資においては足の遅さがものを言う世界です。


BM投資法では後付論に惑わされず、じっくり腰を据えて大きなリターンを狙っていきます。


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

株式長期投資 ブログランキングへ
2014-04-30(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント

損切りについて 

はじめまして。

後で考え直した時に結果的に損切りした方がいいと思うことが多いから次に同じ局面が来た時には損切りした方がいいってことでしょ?

損切りした方がいいのも結果論、長期保有した方がいいのも結果論。どちらも結果論だけど損切りはダメで長期保有はOKって言い切れるのはなぜ?参考銘柄はモノタロウだけ?ビジネスモデルがすぐれていても結果的に損切りした方がいい銘柄なんて山ほどあるよ。

そもそも損切りしなくてもいい条件を教えてよ。どういう銘柄をどれぐらいの水準で買えばどれぐらいの期間ホールドしていいの?

そしてそういう銘柄に実際に投資してるの?してたらブログにUPしてよ。

今まで読んだブログの中でこのブログほどおもしろくないものはなかったよ。理論家は理路整然と曲がるの典型っぽいね。

あなたがどんだけ頭いいのか知りませんけど、あなたの考えてることなんか相場みんなが考えてると思ってた方がいいよ。

とにかく投資成績UPされるのを楽しみにしてるよ。そんなにビジネスモデル投資にこだわってるのに、アベノミクスで投資はじめたとかはやめてくれよな。読む気なくすから。

次の更新も楽しみにしてるからね。
2014-04-30 21:55 | リプロ | URL   [ 編集 ]

コメントありがとうございます。 

>リプロさん
1つずつお答えします。

>>後で考え直した時に結果的に損切りした方がいいと思うことが多いから次に同じ局面が来た時には損切りした方がいいってことでしょ?損切りした方がいいのも結果論、長期保有した方がいいのも結果論。どちらも結果論だけど損切りはダメで長期保有はOKって言い切れるのはなぜ?参考銘柄はモノタロウだけ?ビジネスモデルがすぐれていても結果的に損切りした方がいい銘柄なんて山ほどあるよ。

私はそうは考えません。むしろ逆のケースが多いと思っています。参考銘柄もただ単に多く貼り付けるのと長いので一つにしただけです。逆のケースもあります。しかし、リプロさんがおっしゃるように、ビジネスモデルだけだよくても、というケースもかなりあるのは事実だと思います。だからこそ、投資基準として割安さと成長性も考慮しています。


>>そもそも損切りしなくてもいい条件を教えてよ。どういう銘柄をどれぐらいの水準で買えばどれぐらいの期間ホールドしていいの?

そしてそういう銘柄に実際に投資してるの?してたらブログにUPしてよ。


ファンダを見ているのでそれで自分がいいと思えば損切りはしません。それだけのことです。リプロさんが損切りをした方が良いというのならそれはリプロさんのお考えなのでしょうし、前提条件がそもそも異なっていると思います。記事の繰り返しになりますが、私が売却したほうがいいと考えているのは株価が高くなりすぎるか、ビジネスモデル分析を誤ったか、それが崩れた時だけです。

買っているのかと聞かれれば買っていますよ。サブプライム前から市場にはいます。もちろん当時は含み損も抱えました。ただ結果としてみてみれば
・買値を大きく上回ったケースが多い
・ファンダを見て投資をしているのに含み損で切るのは合理的ではない
との考えで今に至っています。

銘柄をアップして欲しいとのことですが、これについては近いうちに一部銘柄をアップしようと思います。それを見てバーチャだと思うかはリプロさんにお任せします。期間についても成長の様子にもよりますし、それはリプロさんもよくご存知なのではないでしょうか?

また、私は自分が特別優れていると思っていません。むしろ劣っていると思っています。私よりパフォがいい人なんて星の数ほどいます。ただ、ビジネスモデルに目を向ける人が少ないのでは、と思って書いているだけです。

最後に、このブログのつまらなさは単に私の力量不足です。すみません。
2014-05-01 12:44 | 管理人 | URL   [ 編集 ]

BM投資のススメ
BM投資法の普及を目指すサラリーマンです。

Wind

Author:Wind

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。